メインイメージ画像

もしバイトでアパレルの仕事の他にも掛け持ちをやっているのであれば

もしバイトでアパレルの仕事の他にも掛け持ちをやっているのであれば、確定申告が必須となります。普段は、バイト先で源泉聴取で前もって、給与から税金を徴収した金額がもらいますが、二か所以上で働く場合、対象とならないこともあります。ただし、2つのバイト代の総額が、年130万円を超すと課税の対象になり、自分で申告する事となります。確定申告とはパソコンであらかじめ、申告事項を入力すると、すっと手続きが完了するとされます。

イメージ画像

最近増加してきているバイトなどでも、条件となる項目を満たしているならば、会社の社会保障に入ることができるようになります。求人の情報誌や求人情報サイトなどで各種社保完備と書かれているバイトを探すことができるでしょう。社会保険等に加入がしたいと考えているのならば、入社前の面接などの段階でそういった話をした方が良いのかもしれないでしょう。勤務時間や契約している期間などの条件をクリアすることが可能ならば、個人で国民保険に入るよりも支払う料金が安くすむことなどもあるでしょう。バイトをしたい会社へ入社が決定したら、労働契約書などを前もってきちんと確認しておくようにしましょうね。

本職の他にバイトでダブルワークする人が増加しています。ここ数年の不景気のせいで本職の給料だけでは生活費が不安だという場合が多いので、頷ける話です。副業をする時は、原則としてメインの仕事を優先し、勤務時間がダブルブッキングしないことに勤務調整することです。そして、ダブルワークの収入の確定申告をはじめとする手続きが必要になりますので、忘れずに手続きして下さい。また、本業の方で副業をするのが問題無いことが前提ですので本業の会社に確認してみましょう。

バイトを探している際に、年齢制限が設けられているバイトを見ることがあるでしょう。アパレル歳までと記載があった時は、一歳でもその年齢を超えていたら申し込みができないのでしょうか?企業によって、その職種の資格を取っていたり、勤務経験がある場合、即戦力となる可能性を考慮して、柔軟に対応してくれることがあるようです。先に電話などで企業に問合せて、やる気を伝えるのも良いかもしれません。しかし余りにかけ離れている年齢であれば、いくら勤務の経験があったとしても不採用になってしまうことがほとんどなので、無暗に問合せたりするのは止めておきましょう。